手の外科 - 症状について

背景2 背景2

ばね指(腱鞘炎)

【病態】
指を曲げる腱は腱鞘というトンネルの中を滑走しています。腱と腱鞘のサイズがあわなくなると、腱がスムースに動かなくなり、痛みや動きの制限が生じます。最もサイズがあわなくなりやすい場所は、指の付け根部分です。
【症状】
ばね指(腱鞘炎)の症状
指の付け根部分に腫れや痛みを生じます。腫れがひどいと骨が飛び出てきたと勘違いされるくらい硬くなります。また、腱鞘の中で腱の通りが悪くなると、指が曲がったまま伸びなくなったり、指が伸びきらなくなったりします。朝起きたときに一番症状が強く現れることが多いです。
【治療】
お薬
体質改善目的に漢方薬を飲んでいただくことをお勧めしています。痛みが強い時は消炎鎮痛薬(ロキソニンなど)もお出しします。
注射
腱鞘というトンネルの中に少量のステロイド剤を注入することで腱のとおりをスムースにします。頻回の注射による副作用を考慮し、短期間に2回注射しても症状が改善しない場合には手術を御勧めします。
ばね指(腱鞘炎)の注射による治療
手術
指の付け根に約1cmの皮膚切開をくわえ、腱鞘というトンネルの天井を切開してトンネルのサイズを広げます。腱鞘の中でくっついている腱をはがして、腱がスムースに動くことを確認します。手術は局所麻酔で、10分程度で終了します。
ばね指(腱鞘炎)の手術による治療
  • 術前

  • 術中